実車チェック項目を参照して、実際に確認してみましょう
【外観チェック】
キズ、へこみなど

中古車に傷は当たり前です。どのような場所に傷やへこみがあるのかを確認。

ドア、ボディの隙間

隙間が均一でない場合は、交換や劣化等で歪んだ可能性があります。 走行に支障がないか確認しましょう。

ドアの開閉チェック

全開するか、引っかかりや違和感がないかを確認。
※オープンカーやワゴンのリアゲートがある場合もチェックしましょう。

ウインドウの程度

大きなヒビやキズがないかをチェックしましょう。

タイヤの減り具合

減り具合やヒビなどがないかをチェックしましょう。

ライトのチェック

ひび割れや曇りがないかをチェックしましょう。

【内装】
電動ミラー

開閉や角度調整が問題ないかをチェックしましょう。

パワーウインドウの作動

運転席側だけでなく全てのウインドウを開閉し、引っかかりや大きな音が出ないかをチェックしましょう。

ワイパー、ウインドウウォッシャーの動作

ワイパーの段階ごとの動作確認、ウォッシャー液も両方の穴から出るかをチェックしましょう。

クラクションの作動

音に問題ないかをチェック。純正か音を変更されていなかも確認しましょう。

ボンネットやトランク、給油

車内のレバーからうまく開かない場合がないかを確認しましょう。

ランプの確認

ヘッドランプ、ハイビーム、フォグランプ、ブレーキランプ、 ウインカー、ハザードランプ、室内灯を確認しましょう。 実際に点灯しているかも目視で確認しましょう。

オーディオ、エアコン、ナビの確認

全て実際に動作確認してしましょう。エアコンは夏冬問わず、暖房と冷房を付けて確認しましょう。

ステアリング、シートの状態

中古車なのでどのくらいの程度なのかを確認しましょう。

シートスライド、レバー

リクライニングに支障がないか、レバーの反応に問題ないかを確認しましょう。

トランクルーム

汚れやシミなどの程度を確認しましょう。サンルーフや幌が付いている車も実際に開閉確認、ヒビ割れや 穴あきなどがないかを確認しましょう。

【備品】
キーの確認

マスターキー、スペアキーがあるかを確認しましょう。 リモコンやキーレスの場合は実際に開閉できるかをチェックしましょう。

車載道具

スペアタイヤ、工具、発煙筒のチェック、 タイヤの程度、発煙筒の有効期限なども確認しましょう。

書類関係

整備手帳や取扱説明書の確認、整備手帳を実際に確認してどんな整備をやっていたかも確認してみましょう。

【エンジン関係】
エンジンの状態

エンジンのかかり具合やアイドリング中の状態を確認しましょう。

各種オイル

エンジンオイル、バッテリー液等の量の確認をおこないましょう。その他様々なオイルがありますが、お店に人に聞いて確認しましょう。

マフラー

目視してサビや穴などがないか、エンジンをかけた後のマフラーの状態(排気音、におい、色)も確認しましょう。

ベルト類の状態

ベルトも様々ありますが、ボンネットを開けて目視した状態で見えるベルトの程度を確認しましょう。

【試乗】
ハンドルの安定性
アクセル、ブレーキの利き具合
ミッション、ATシフトに違和感がないか
各種メーターの異常な動きがないか

あくまでも中古車ですので、ターゲットとしている車の程度がどのようなものかを考えてください。
同じ年式や同程度の走行距離でも使われ方が違うので程度が違っていたります。
また、他にピックアップした車も見に行く事も大切です。 実際に見て比較することにより優劣が実感できると思います。