事前準備編

1. 予算と車種を決定

おおまかな予算を決めましょう。
予算を決めたら、次は車の使用目的を考えましょう。
ファミリーカータイプにするとか、小回りが利くタイプとか...

2, お金を確保しましょう

予算が決まったら、資金調達を検討しましょう。
銀行でローンを組むかなど、組んだ場合のお金が手元に入るまでの流れをつかみましょう。
また、車を下取りで中古車を買う予定でしたら、
オートバジェットで一度に済ませることができます。

3. 駐車場確保

駐車場探しは車を探すのと同時期に動きましょう。
タイミングによりますので、なかなか見つからないこともあります。

4. お目当ての中古車を絞りましょう。

予算と車種を決めたら、次のその中古車のグレードや装備などを細かく決めていきましょう。
年式や走行距離で価格が変わります。条件を良くすれば良くするほど価格が高くなっていきます。
そして車体以外の「諸費用」も気を付けてください。
諸費用も視野に入れながら、グレードや装備を絞っていきましょう。
中古車の選びのポイントはコチラでご覧ください。
お店編

1.お店に行く前の事前準備

契約する場合は印鑑証明書が必要です。
発行後3カ月間は有効ですから購入時期を考慮して取得してください。
また、下取りを考えている場合も印鑑証明書が必要です。
状況によって住民票が必要にもなります。
銀行やローンを組む場合も住民票が必要です。
何度も役場に行く手間を省きましょう。

2.欲しい車を数台ピックアップしておきましょう

1台だけではなく必ず数台見つけておきましょう。
探している間に売れる場合が考えられます。
諸費用は問い合わせで変動する場合がありますので、
車体価格が安い方が積み上げてみると高かったという事態も避けれらません。

3.お店予約

欲しい車を見つけたら必ず在庫を確認しましょう。
購入意思を伝える為に、お店に行く日も決めましょう。
車チェック編

1.来店したら、お店の人に予約の旨を告げてください。

予約時にご担当が決まっていたら、その方の名前を告げても良いでしょう。
予め車を見やすい所に置いてくれていることもありますが、
そうでない場合は、お店の人に移動をお願いしましょう。

次は、実車チェック項目を参照して、実際に確認してみましょう。

中古車チェックシートを見る
契約編
欲しい一台が決まったら契約を進めましょう。 販売店で再度契約に必要な書類を確認しましょう。 サインや印鑑を押す前に、必ず契約書類の内容を確認してください。 また、口頭などで「○○の箇所の傷は納車まで直しておきますね」とか 言われた場合は、必ず口頭ではなく契約書に記入してもらうように しましょう。 任意保険の手続きも忘れずに進めましょう。 車検証が必要ですので、車検が切れている場合は新しい車検証の入手を 確認しておきましょう。

納車編

契約編で車体本体の手続きから支払いも含めて済ませたら、 任意保険と駐車場を取得する手続きも済ませましょう。 任意保険は車検証、駐車場には車庫証明書が必要になります。 手続き全て終わったらあと納車です。 販売店がお届け納車も良いですが、自分で取りに行くのも楽しいです。 あなたのカーライフが待っています!!